ブログトップ

★ ファッションエディター 古泉洋子の「本能のグルメ」★

koizumihiroko.exblog.jp

ランバン 125thパーティー@網町三井倶楽部

怒濤の多忙DAYから、ようやく解放された本日、
ランバンの125周年パーティーに伺いました。
ところは網町三井倶楽部。
c0249163_23574545.jpg

ファッション系のパーティーでも、場所がこちらだと
私たちのウキウキ度もかなり違います。
シャンパンの泡にまみれて、ここは
ドルチェヴィータなイタリアなのでは?
という錯覚が起きる空間です。

フランスのブランド、ランバンは今年125周年。
創始者ジャンヌ・ランバンは、帽子店からスタートし、
自身の愛娘に着せていた子供服が評判となり、
さまざまなジャンルに事業を拡大。
先見の明のある、まさにビジネスウーマンの
先駆け的存在だったのです。
ざっくりとモードエレガンスなブランドと、
捉えがちですが、実はもっと奥深いんです。
そんな背景を凝縮したバッグ「ランバン シュガー」を
ご紹介するページを「婦人画報」の最新号で担当しています。
c0249163_23581149.jpg

会場では母娘の愛情を感じるダンスや、
当時のルックブックにあたるイラストを
テーブルセッティングにアレンジ。
Lanvin.comほか各SNSで詳細に紹介されているのでぜひ。

白トリュフ添えのチーズリゾットや
キャピアに生ハムなど、豪華なお料理が振る舞われました。
c0249163_23575496.jpg

c0249163_23583966.jpg

ランバンが女性に愛される理由を改めて感じた
華やかなイベントでした。
c0249163_2358411.jpg

ではまた!
by koizumi_hiroko | 2014-11-07 00:03 | 仕事 | Comments(0)
<< エルメス、そしてVOGUE 銀座の金沢 >>