ブログトップ

★ ファッションエディター 古泉洋子の「本能のグルメ」★

koizumihiroko.exblog.jp

<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

よいお年を!

皆さん、大晦日ゆっくりお過ごしですか?
私もブリしゃぶと黒トリュフチーズ
+ワインですっかりいい気分です。

何かと見つめ直すことが多い一年でしたが、
健康に過ごせたことに感謝したいです。

来年はさらに新しいことにチャレンジして
いきたいと思っています。

多くの人々に幸せが訪れますように!
来年もどうぞご贔屓に!!
by koizumi_hiroko | 2012-12-31 23:38 | 日々のつれづれ | Comments(0)

ハッピーオーラ

メリークリスマス☆ですね。
皆さん、いかがお過ごしですか。

先週は、連日各種の集いに参加いたしました。
そのひとつが、フォトグラファー鷺坂さんの
50歳のお誕生日会でした。
奥様でスタイリストの青木さんとも、
以前よくお仕事をご一緒していたので、
お祝いに駆けつけてみました。
c0249163_1044499.jpg

祝辞を述べた方もおっしゃってましたが、
「声がいい」「膝下が長い」鷺坂さんですが、
もうひとつ彼はいつも「口角が上がってる!」
そのためか、いつも穏やかなハッピーフェイスで、
とても50歳とは思えない若々しさです。

とっても温かな会で、
ふたりのお子さんのお歌とお手紙が、
可愛かったです。
c0249163_10441682.jpg

これまでの歩みをスライドショーにして、
ご両親に感謝を伝えられたシーンでは、
思わずウルッときちゃいました。
c0249163_10435629.jpg

気恥ずかしくもあるけれど、
今年は他にも50歳会に参加する機会もあって、
人生の節目を仲間と盛大に祝うというのも、
素敵なこと、と改めて思いました。

ではまた!
by koizumi_hiroko | 2012-12-25 10:48 | 日々のつれづれ | Comments(0)

コリンチャンスを満喫!

気が短いので、思ったことは、
すぐ行動しないと気が済まない性分です。
ということで、行っちゃいました。
クラブワールドカップ決勝、
コリンチャンス×チェルシー@新横浜!

もう品川駅のホームから、熱気の予感。
ハローの挨拶みたいに、出会えばどこでもお互い、
「コリンチャンス!」と声をかけあってます。

新幹線では隣の席に偶然座ったコリンチャーノに、
たどたどしすぎる英語で質問する、
ツレない奥様を連れた懲りないオジサンも。
オジ「ドゥユウノウ、カズ?」
コリン「??」
オジ「カズって、なんて名字だっけ?」
妻「三浦でしょう?」
オジ「カズ ミウラ、ドゥユウノウ?」
コリン「??」
オジ「知らないって。でもなんだっけ、
   ほら、ブラジルから帰化した…」
妻「ラモスのこと?」
オジ「あー、それそれ。ドゥユウノウ、ラモス?」
コリン「??」
おそらく車両半分に
「だったら、ジーコのほうがいいんじゃない?」
っていうつっこみと笑いをもたらしてくれた
トークから、すでに期待が高まります。

会場前に着くと、若干の恐怖心さえ覚えるほどの、
スリル満点な盛り上がり!
c0249163_1261768.jpg

c0249163_1262382.jpg

席につけば、コリンチャンスサポ側のゴール裏とあって、
あちこちからまた「Vai(行け) !コリンチャンス!」の声が。
ここは日本じゃない! 非日常体験には、またとない席です。
c0249163_1262798.jpg

間違って座ってしまった、前後のチェルシーサポーターを、
面白半分にやたら挑発したり。
試合前からすごい盛り上がりでしたが、
これがまた、拮抗した本気モードの試合がおもしろくて。
おまけにコリンチャンスが勝って優勝を決めてくれたから、
そりゃ大変な盛り上がりでした。
c0249163_1263248.jpg

私のようなにわかサポーターも、ラテンならではの
ノリがいいのに切ないメロディーが耳に残る
コリンチャンスのオフィシャルソング
「Hino do Corinthians」
何度もリピートしてくれた
表彰式まで相当満喫いたしました。

小さい興味も倍々にして楽しまないと!

ではまた☆
by koizumi_hiroko | 2012-12-18 01:34 | サッカー | Comments(1)

贅沢で必要な時間、東京にて

今年はカレンダー的に、来週いっぱいで
仕事納めという方もいるのだとか。
師走めいてきたこの頃、いかがお過ごしですか?

先日、東京でホテルライフを楽しみ、
ゆったりと優雅に過ごす時間が持てました。
場所は、以前レストランをご紹介した
丸の内のパレスホテル。
そのなかにある、創業30年近くにもなる
日本のセレクトショップ&ブランド、
トゥモローランド仕様のお部屋!

トゥモローランドはオリジナルはもちろん、
最近では、夏にイザベル マラン、
昨日は青山にアクネのお店をオープンさせるなど
話題の海外ブランドを日本参入させていて、
これまでのトゥモローランドらしさを
さらに進化させているんです。

内装はモダンなアールデコ風で、パリシック。
ヴィジュアルブックもたくさん置かれています。
c0249163_21174663.jpg

c0249163_21175256.jpg

自然な香りのかわいいパッケージのコスメも充実♪
ナイトウエアはジェームス パース、
ベッドにはソレイヤードのテキスタイルも。
c0249163_2118120.jpg

c0249163_21173580.jpg

私も先日トゥモローランドで手に入れた
Bubaのクラッチバッグをお供に。
c0249163_21195029.jpg

c0249163_21174774.jpg

このVIEW、最高! 東京のなかでも
このムードはなかなかありません。
紅葉とビル群のコントラストが洗練されています。
朝食はもちろんこのテラスで!
c0249163_21175354.jpg

遠くに行かなくても、ほんの一泊日常を離れるだけで、
随分リフレッシュできました。
それから、角度を変えて見るだけで
東京の素敵な部分も再発見。
いい時間でした。

ではまた!
by koizumi_hiroko | 2012-12-15 21:25 | | Comments(1)

普通のオモロい人々

こんばんは。本日はSKⅡの3Dパックをしながら、
ブログをお届けいたします。
つくづく、普通な人々がおもしろいと思う今日この頃。

今週、クラブW杯中なんですよ。
注目はブラジルのチーム、コリンチャンス! 
見どころは選手というよりサポーターなんです。
なんでも1万人近いサポーターが
私財をなげうってまで来日しているとの情報も。
「コリンチャンス」でググるだけで、
ツイッターの目撃情報ザクザク出てくるんです!
試合が行われた名古屋の駅らしいです。
どなたかの画像をシェア。わわわ〜。
c0249163_0211456.jpg

日系人が多いサンパウロのチームなので、
すごい親日。日の丸のはちまきしてたり、
ユニフォームにカタカナ名入っていたり。
飲食店バイト学生からの、「コリンチアーノたち、
英語が通じないのにオーダーしてくる!」という悲鳴も。

今回は試合よりこっちが熱い!
先ほど無事勝ったので、日曜の決勝まで、
どんなノリで都内に出没するのか、
ぜひ私も遭遇して、意味のないワクワク感を
共有したいものです。

熟女子だって負けていません。
誕生日をマルディグラ@銀座にて、こんな肉、
あんな肉(つなぎなし肉オンリーの極旨ハンバーグ)
で祝ってもらい、
c0249163_021436.jpg

流れで体験させられたのは“ヅカオケ”=宝塚カラオケ!
存在することにも驚いたけど、
映像とともに大熱唱する様にもまたびっくり。
あれ以来「あ〜〜い〜、それは〜まぼろし〜♪」by ベル薔薇が
頭から離れません。

またある時は、学生時代の友人たちとの会合。
美魔女がおもむろに取り出したのは、
キラキラペンダントに潜む秘密兵器。驚。
私たち、そろそろ、そういうお年頃ですからね。
c0249163_022830.jpg

c0249163_0221312.jpg

普通のおかしさを描かせたらNO.1だと思う
公開されたばかりのウディ・アレンの
新作『恋のロンドン狂想曲』も私たち世代が観たら、
クククっと笑ってしまう映画です。ぜひ。

近しい人の訃報のように悲しかったけれど勘三郎さんしかり、
やっぱり人生「面白い」とこに人は集まります。

ではまた!
by koizumi_hiroko | 2012-12-13 00:33 | 日々のつれづれ | Comments(0)

このサングラス、クール!

このところ、半年に一度の展示会シーズンなんです。
もちろん、春夏ものです。
フェミニンなものも多く、着やすいジャケットも豊富で、
温かくなるのが楽しみ♪

そんななか、相当クールなアイテムに出会いました。
「イタリア インディペンデント」という
日本に上陸したばかりのブランドのアイウェアです!
c0249163_1201817.jpg

c0249163_1202152.jpg

ブランド創立者のラポ・エルカンは、
なんとフィアット社の元会長の孫で、
イタリア屈指のイケメンファッショニスタ。
『L’UOMO VOGUE』では、カバーに登場したことも!
華麗ですね〜。
c0249163_12010100.jpg

カール・ラガーフェルドをはじめ、
ミランダ・カー&オーランド・ブルーム夫妻も愛用。
これまたイケメンの、日本の田中社長がかけているのは、
熱が加わると(=真夏の日射しを受けると)
ドット柄が浮き出てくるデザイン。
画期的〜!!
c0249163_120544.jpg

私がかけたみたのは、フレームをベルベット調に
仕上げてあるもの。ネイビー、いい色!
車に使われる素材でできているとか。
何って、おしゃれなうえに軽くてストレスがないんです!
c0249163_121229.jpg

明日12月6日から29日まで、表参道のセレクトショップ
「valveat 81」でポップアップショップを開催するとのこと。
これまでにないスタイリッシュなアイウエアを
お探しの方はぜひ!!!

ではまた!
by koizumi_hiroko | 2012-12-05 01:27 | ファッション | Comments(0)

アルマーニは永遠のモチベーター

11月もさっぱりブログ更新できないまま、
すでに12月がやってきました。
寒いですね。ネタも満タン状態なので、
ちょっと飛ばし気味にいきますよ!

先週、アルマーニ銀座タワーの5周年を記念した
イベントにおじゃましました。
アルマーニらしさ満載の作品を集めた『ECCENTRICO展』
エッチェントリコ=英語でいえばエキセントリック。
でも多分、両者の意味合いはちょっと違うようです。
エキセントリックっていうと、風変わり、イカれてる、
エッチェントリコは、個性的、らしさみたいなことのよう。
c0249163_11593291.jpg

c0249163_120144.jpg

c0249163_11595555.jpg

アルマーニらしいジャポニスムのドレスから、
レディガガに贈った未来的なデザインまで、50点あまりの
作品を間近に見ることができます。
最近のリアルクローズでは表現できない、
美意識の塊、といった作品の数々は、まるで美術品を思わせます。

甘ずきな私が注目したのは、
美しいバッグやアクセサリーの数々。
自然界からヒントを得たデザインが素敵!
c0249163_120148.jpg

c0249163_1202075.jpg

1985年から現在の作品を見ながら、
自分のファッション履歴も振り返ったりして、
違った感慨に浸った時間でもありました。
c0249163_120860.jpg


そうそう、元同僚が先月、誕生日メッセージとともに
貼付けてきた、お懐かし&お恥ずかし画像が、その象徴。
c0249163_1202768.jpg

当時大流行だったアルマーニ(エンポリオですが)の
ジャケットを、がんばって手に入れたんでした。
が、まったく方向違いな、mcシスターの
地方巡業のスナップお姉さんとして(笑)

そして、あれからウン十年。
なのに、あの頃憧れた、
“アルマーニが似合う大人の女”には、
まだまだ遠い気がします。
目指すべき女性像を見失いがちなこの頃、
そういう意味でも、アルマーニは
永遠のモチベーターなのです。

『ECCENTRICO展』は、アルマーニ銀座タワー9階にて
12月13日(木)まで入場無料とのこと。
先日のブルガリ展とはしごして、
銀座ファッションアート巡りもおすすめです。

ではまた!
by koizumi_hiroko | 2012-12-03 12:13 | ファッション | Comments(0)