ブログトップ

★ ファッションエディター 古泉洋子の「本能のグルメ」★

koizumihiroko.exblog.jp

<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

原宿パンケーキ祭り

松木さんの解説にプチ笑いしつつも、
ドキドキさせられましたが、祝オマーン戦勝利!
今日は、長老エンドーさんの底力を見た気がします。
暑いのになぜか余裕な感じだし、いい感じでクロスを流してたし。

と、エンドーさんのポヨヨンムードに合わせたネタで。
先日、Facebookの話し流れから、
ド派手なパンツルックのお仲間と、
パンケーキランチに出かけました。

最近原宿がパンケーキ祭り状態になっているんです。
そのなかのひとつ、エッグシングスで
待ち合わせたところ、なんと長蛇の列、1時間待ち!! 

で、並んでらんないってことで、別の店へ。
なのに、店をまちがえて、
ファンシーなニコニコマークの
キッズ系パンケーキ店に入店。
席に案内されメニューを見たうえで、
「なんか違う?」「ここじゃだめだ」とか
小声でつぶやき合い、「あ、用事を思い出して」なんて
意味不明な言い訳を残し立ち去りました。
c0249163_085241.jpg

c0249163_085312.jpg

ようやく辿り着いたのが、ここSUNDAY JAM。
パンケーキのなかに砕いたマカデミアナッツが入ってて、
ふわっとしつつ香ばしい!
大好きバターと、軽いクリームがたっぷり!
昼間からモヒートなんか飲んじゃって。
巡っただけあって、かなり大満足でした。

“原宿でお昼にパンケーキ”って、
ポヨヨン設定が、随分な大人女子を、
お嬢ちゃん気分にさせてくれる気がしました。
そんな気分を求めているときにぜひ☆

ではまた!
by koizumi_hiroko | 2012-11-15 00:12 | | Comments(0)

LOVEブルガリ

なんだが気がつけば、年末に近づいてますね。
世知辛い世の中でも、キラキラとしたジュエリーの輝きは
ひととき現実を忘れさせてくれます。

先週ブルガリタワー5周年を記念した展覧会
「イタリア至宝の輝き展」のオープニングに伺いました。
そもそもイタリア好きな私、
骨格からしっかりしている私にとって、
ブルガリの迫力あるジュエリーはタイプなんです。

イタリア女に憧れたきっかけは、
20年以上前に観たミケランジェロ・アントニオーニ監督の
「太陽はひとりぼっち」のモニカ・ヴィッティ!!
甘さもあるのにアンニュイで、まさにツボでした。
c0249163_0214785.jpg

幸運を呼びそうな白蛇、ブルガリのセルペンティが
タワーを華やかに取り囲んでいます。
4階ではエリザベス・テイラーコレクションが。
なにせ彼女は富豪から建設作業員まで7人の男と
8回も結婚しているんです。
2回結婚したリチャード・バートンとの有名な
エメラルドのネックレスほかお宝が多数展示されています。
c0249163_0214151.jpg

そして、8階は各年代を代表するアーカイブ。
この1965年のビブネックレスの色合わせが大好き。
c0249163_02207.jpg

70年代のブローチは富士山です。すごい! ジャポニスムですね。
c0249163_0215484.jpg

c0249163_022448.jpg

もちろん、LOVEモネーテも!!
改めて、このアンティークコインのジュエリーを
手に入れることを心に誓いました。

12月30日まで入場無料なので、皆さんもぜひご覧下さいね。
ではまた!
by koizumi_hiroko | 2012-11-13 00:24 | ファッション | Comments(0)

特別な冬の日に

気持ちのいいお天気ですね。
今日は尊敬する素敵な先輩の命日。

冬の研ぎすまされた空気と、
柔らかいけれどキラキラした太陽。
まるで彼女を体現しているかのようです。
c0249163_11423314.jpg

終わらない原稿の山で、
お墓にお参りすることはできないけれど、
一年経って、ますます彼女の偉大さを
痛感する日々です。

言ってはいけないこと、やってはいけないこと、
最近、一線を踏み外す乱暴な人にも出会います。
私はそういうことを感じ取れない人が、何より苦手です。

どんなに自由に好き勝手やっても、
そのポイントだけは踏み外さない。
自分の自由と、相手の自由を尊重しながら、
集まった人たちの目的に向かって
気持ちを束ねてくれました。
彼女はそういうことが、
わかっている本当の編集者であり、
だからこそ、慕われる人でした。

これからは今まで以上に、
信頼関係を築ける人たちと、
じっくり仕事をしていきたいと
気持ちを新たにしています。

最近知って、ちょっと感動した曲を最後に。
ビートたけし×玉置浩二の「嘲笑」です。

ではまた!
by koizumi_hiroko | 2012-11-04 11:47 | 日々のつれづれ | Comments(2)