ブログトップ

★ ファッションエディター 古泉洋子の「本能のグルメ」★

koizumihiroko.exblog.jp

<   2010年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

たまには女子的楽しみも

あっという間の月末です。
ということで、またまた原稿な日々到来。
のびきってはげかけていたネイルも、アップデート!
c0249163_18442110.jpg

いつもは飽きのこないベージュ系が多いけれど、
今回は大好評&お気に入りの足元のMinksネイルシールを
レース柄にしてみたので、手元もちょっと可愛い系で。
爪先だけ深い赤にして、小指だけに繊細なゴールド飾り。
今なんだか気になるモロッコな雰囲気に。

冷房の室内にいることが多いため、夏なのに
乾燥も気になります。ノドとか指先も。
そこで急に塗り始めたのが、ルシアンとukaがコラボしたネイルオイル。
c0249163_18442149.jpg

ロールオンタイプなので液だれしなくて使いやすい!
ルシアンはカシミア用シャンプーなんかも出しています。
普通のウカネイルオイルは、時間別に香りが違うものも
出していて、そのストーリーもロマンティック♥

c0249163_18442119.jpg

今日のデザートは香りがよくてジューシーな黄桃。
黄桃といえば缶詰。しかも風邪のときの食べ物な印象が
強いんですが、生の黄桃っておいしい〜ってことを発見。

ではまた!
by koizumi_hiroko | 2010-08-30 15:54 | Comments(0)

丁寧に。

夜の空にはきれいな満月。
こんなに暑いのに、もうすぐ9月です。
そろそろ多少は秋の服に移行したい気分。

本日、意義ある長期プロジェクトの打ち合わせにて、
大先輩が発せられた言葉がどうも心に残ります。
「最近、おしゃべりな服が多いわね」
確かに。秋はシンプルにキレイに服を着たいと思っています。
そんな気持ちを9月1日発売のグラツィアで、
ページにしていますので、よろしければご覧ください。

安物買いの銭失い。母がよく口にしていたことわざです。
安い服を無闇に買うより、少し奮発しても、
体に合うきれいな服一枚を大切着るほうが、
贅沢だし、結局得だということ。
そういう意味でボッテガ・ヴェネタというブランドの
在り方がとても好きです。シンプルで上質。
けれど冷たくなくて、職人技の温かみがある服や小物。
高級だけどブランドロゴを振りかざさない。
新しくリニューアルしたウェブサイトでは、
職人技もコレクションも動画で紹介されていて、
その価値を体感することができます。もちろんお買い物も。
http://www.bottegaveneta.com/
c0249163_18442072.jpg

c0249163_1844204.jpg

おそらく80年代に、母が購入して愛用していたボッテガの
蝶のプリントを施したスエードのミニボストンを
今度少しメンテナンスをして、復活させたいと思っています。
c0249163_18442085.jpg

この蝶のモチーフはボッテガのアイコン的な存在で、
ウェブサイトのアドレスの頭にも表示されます。
c0249163_18442053.jpg

そして、こちらはイントレチャートに、
花の刺繍を施した、1〜2年前に私が手に入れたボッテガのミニボストン。
ファンタジー派としては、この素敵さは買わないわけにはいきませんでした。

いいものを丁寧に。
秋は心静かに大人のおしゃれを楽しみたいと思います。
だから、今日は食べる“おしゃべり”はお休みです。

ではまた。
by koizumi_hiroko | 2010-08-27 02:17 | Comments(0)

売れる理由

本日、グラツィアのファッションチームは、
各所にちらばって、み〜んな撮影でした。
私はここ数日かけてスナップしてきた、
おしゃれピープル撮影の最終日。
総勢14人の着こなしは、試したくなるものばかり!!!
こちらは10月1日の発売までお待ちいただくとして。。。
どなたもおしゃれのルーツ話がおもしろくって、
これはこれでまた別の企画ができちゃうな〜。

足を踏み入れると、千駄ヶ谷なのに
波の音と潮の香りが、またまた脳内に漂う
今、売れ売れのおしゃれショップ、ロンハーマン♪
プレスの新居さんはお気に入りのセリーヌの服で。
いい色に焼けているのは、もちろんサーフィン女子だから。
c0249163_18441969.jpg


c0249163_18441930.jpg


モデルの田沢美亜ちゃん。
最初に仕事をしてから、何年か経つけれど、
いい感じでどんどん魅力的になって、今では超売れっ子です。
自然体で性格がいいし、きっとプライベートも充実しているから、
内面がムードになって表われてるってことですね。
ココ、売れるひとのマストポイントです。
あれ、やだ、またヘアのHiroさんじゃないですか!!
c0249163_18441935.jpg

ワタシってば、よく考えたら、
暑くて食欲減退気味とかいいながら、なんだかんだで
こんな濃いもの食べてました。すみません。汗。
焼き立てはおいしすぎて危険、なエシレ@丸の内の
クロワッサン、しかも有塩50%増。
ひと口噛むと、バターがじゅわ〜〜〜。無類のバター好きなもので。。。。
話題から少し時間が経ちましたが、まだ並ぶんです。
c0249163_18441978.jpg

10年以上ぶりのふーみん@青山にて、
八角の香りが芳しい、牛肉煮込みのせ焼きそば。
流行発信地にて、気取らぬ風情のまま20年以上。
やはり売れ続けるわけです。
c0249163_18441962.jpg

そして撮影最終日の打ち上げ的に、筑紫楼@恵比寿にて、
冷やし担々麺セット。できたての飲茶やデザートも
3〜4点ついて¥1,500のお得プライス!
カメラマンの野頭さんはiphoneをチェック中。

まだまだ暑いようですから、スタミナ(なんか古い言葉。。)をつけて、
乗り切りましょう!
ではまた☆
by koizumi_hiroko | 2010-08-24 22:46 | Comments(0)

夏疲れを癒す、やさしい梅味

ファッション界では、只今秋冬ものの撮影、真っただ中。
でも9月には、東京やNYでは、もう次の春夏コレクションです。
という繁忙期につき、未だ夏休みもとれず、
私の上の欄で、イタリアからブログを書いていらっしゃる
小林さんのコルシカ島のバカンスに超嫉妬。笑。
日曜なのに仕事だった今日なんか、せめてもの白ワインを片手に、
小林さんのバカンス写真を脳内に描いてみたりする、悲しい有り様。
なので、せめて気分だけでも南国トリップしたく、
そんなお花を部屋に飾ってみたりして。
c0249163_18441780.jpg

先日お仕事でおじゃました丸の内のエポカ ザ ショップにも
既にイッサやダイアンなどの秋の新作が入荷中。
c0249163_18441758.jpg

さてさて、グルメ的やる気減退気味な今、
活躍中なのが、梅の甘酸っぱさ。
エポカのプレスの國分さんからいただいた
銀座・三河屋の煎酒という梅酢風味のかつお調味料は、
ちょいネバな葉もの、つるむらさきのお浸しにプラス。
お醤油よりやさしく、白だしよりひとクセありでいい感じ。
オクラやモロヘイヤ、納豆などをごはんにのせた、
ネバネバ丼とも相性がよかったです。
c0249163_18441811.jpg


c0249163_18441893.jpg


そして暑いときの救世主、そうめん。
今日はちょっと奮発して稲庭そうめん♪
通常そうめんによく使われている綿実油は使っていない手延べ麺。
焼きナスと薬味を加え、梅番茶たれでいただきました。
c0249163_18441869.jpg


c0249163_18441884.jpg


ウチのめんつゆの定番、玉松醤油@宮城の食燦燦に、
もうすぐご出産の大草さんに以前いただいた、
チャヤ マクロビオティックの梅干しょう油番茶を少々。
普通に梅干しを入れることもあるけれど、
この梅番茶がほどよくやさしい味わいで絶妙です。

あ〜、それにしても、どこかに行きた〜い!!!
by koizumi_hiroko | 2010-08-23 01:09 | Comments(0)

猛暑撮影、時々ごはん

グラツィア11月号の、怒濤の3日連続撮影もようやく終了。
初日は猛暑のなか、@御殿場。
c0249163_18441671.jpg

この日のフォトグラファーは、大人気の野口貴司さん♪
ご本人がとっても繊細なので、
キュンとくるポイントセンサーが発達しているんだと思います。
さらにグラフィック細部までの、絶妙のこだわりが
大人女子エディターから絶大の信頼を得ています。
最初にご一緒したのは、かれこれ10年前。
「ハーパースバザー」という雑誌で。そのときの写真がすごく素敵で、
それ以来いろいろお世話になっています。
あまりの暑さに農家のマダム風な状態で歩行中なのは、メイクの松井里加さん。
c0249163_18441632.jpg

あ、銃を構えた立て籠り犯じゃありませんよ。
またまた登場のヘアのHiroさんです。
風をピンポイントで送って、素敵ニュアンスを演出中。
c0249163_18441698.jpg

この暑さ、時々休憩しながらじゃないと危険です。
朝からおにぎりでしのいで撮影が終わった3時半頃、
ようやくお蕎麦ランチ@蕎林。
c0249163_1844173.jpg

疲れているからか、やたら手ブレしている写真で、
スタイリストの橋本さんオーダーの磯そばです。
c0249163_18441766.jpg

さっくり食べて高速に乗ったら大変!
まだお盆帰省渋滞が。。。。
物撮影のカメラマン、相沢さんをお待たせして、
この日すべて終了は8時。
c0249163_18441736.jpg

2日目は都内スタジオにて、サクサク進み、
予定より早く撮影終了。
ランチも胃腸が弱っている、約2名の大人メンズチームに合わせて、
うどんの藤井@恵比寿で、私は温かい山かけうどん。

さすがに夜ごはんも、何を食べていいかわからない感じです。
とりあえず、枝豆とビール。
もしくは辛いものか酸っぱいもの。
皆さん、何食べてます?
by koizumi_hiroko | 2010-08-21 00:26 | Comments(0)

お盆も変わらず

ひどい暑さです。
こんな気候で、細かい仕事を間違えるなってほうが無理です。
南の国の人々が、大らかなのもうなずけます。

お盆、で、また実家のある新潟へ。
そうは言ってもやることは変わりません。
闘莉王と古巣浦和との確執ネタも、野次馬気分に火を付けた
名古屋×浦和戦を是が非でも観るために、わざわざスポーツバーへ。
(スカパー!しかやってないんです)
c0249163_18441579.jpg

c0249163_18441549.jpg

闘莉王のケリをつけたゴールに加えて、
期待もしてなかった玉田の2ゴールまで観られて、
出かけたかいがありました。

残念ながら、お寿司屋は満杯だったので、
〆は田舎家にて、新潟名物の鮭といくらのわっぱ飯。
上品なだしの味がついています。
c0249163_18441598.jpg

丸ガニという小さな蟹の揚げ物も。もちろん冷酒も。
c0249163_18441582.jpg

4〜5年前のお盆に亡くなった祖母を偲んで、
祖母が贔屓にしていた新潟の老舗フランス料理店、モナミピエロにも。
甘エビと帆立のテリーヌ。
c0249163_18441550.jpg

鴨のカシスソース。
c0249163_18441688.jpg

随分久しぶりだったけれど、人気が続いているだけあって、
味は変わらず美味しかったです。

暑くても食欲落ちず。
でもあんまり製作意欲は沸かないかも。

明日は外ロケ(泣)。
ではまた!
by koizumi_hiroko | 2010-08-18 00:46 | Comments(0)

ベトナムな気分

私たちの仕事では、「今度、ごはん行こうね〜」とは
「おはよう〜」という挨拶みたいなもの。
大人のファッション誌で活躍中、
グラツィアでもおなじみ、スタイリストの白井さんとも
ずっとそう言い続けながら、ようやく実現。
(写真嫌いを重々承知なので、シャッター押せず……)

特殊な仕事ゆえ、時折一般常識に欠けているひとにも
出くわすけれど、白井さんはこちらが頭が下がるほど、
きちんとした女性なんです。
服を作るひとや貸し出してくれるひとを、
ちゃんとリスペクトしていることが、一緒に仕事をすると、
よくわかります。もちろんスタイリングからも、
その丁寧さは伝わっていることと思います。

夏はエスニックだよね〜、で意見が一致。
前から行ってみたかったベトナム料理のお店、kitchen@西麻布へ。
生春巻きには4つのソース。
辛いさつま揚げ、と蓮の茎のサラダ。
c0249163_18441427.jpg


香りのいいジャスミン焼酎とともに。
どれも野菜いっぱいで、やさしい味なのにパンチもあって相当美味しい〜☆
メニューにはまだまだ食してみたいものがたくさん。
あさりのフォー、〆にチェというスイーツも。
c0249163_18441437.jpg


ココナッツミルク、あずき、白玉なんかをごちゃまぜにして
いただきます。く〜っ、満腹!

そして白井さんからは、ギフトをいただきました。
見て、見て〜。と思わず自慢したくなる一品です。
なんと!エルメスのポストイットです。おしゃれ〜。気が利いてる〜。
あんまり素敵なので、ベトナム料理に合わせて
ベトナムを舞台にした好きな映画『青いパパイヤの香り』の
光の雰囲気を意識しつつ、撮影してみました。
c0249163_18441484.jpg

c0249163_18441487.jpg



ではまた!
by koizumi_hiroko | 2010-08-13 15:22 | Comments(0)

真夏のスタジアムグルメ

まだまだ、お暑うございます。
なのに、いろんな皆様に無理をお願いして、グラツィア11月号の
秋物の(!)おしゃれスナップ企画に励む日々です。

さて、雑誌ができるまでには、私たちが書いた原稿に
とんでもない間違いがないか、校閲さんが丁寧にチェックしてくださいます。
先日私のプロフィールに“ブログでは食に関するこだわりを披露中”と
あったところ、校閲さんてば、すかさず
「サッカーのことばかりですがよい?」と
疑問を投げかけてくださいました。笑。
あら。きっとW杯中だったんだと思います。
ならば、と期待にお応えして再びサッカーです。

この間、初めて味の素スタジアム@調布に行って参りました!
c0249163_1844135.jpg

この時期は夜の試合なので、こんなきれいな夕暮れとビール、
しかもサッカーを観られるなんて、最高です。
そのうえ、この日はハーフタイムに花火のおまけ付き☆
c0249163_18441489.jpg

FC東京vs名古屋グランパスです。玉田に、闘莉王、それからピクシーも。
ホームのFC東京側の席だったので、完全にスパイ状態です。
暑かったので少々動きは鈍く、終了間際まで0-0。
せっかくスタジアムまで足を運んで、点が入らない試合っていうのも。。。
と思っていたら、ロスタイムぎりぎりに闘莉王がド〜〜ン!
c0249163_18441475.jpg

あ〜、FC東京のドロンパ君が描かれた、
勝サンド@新宿さぼてんを食べたかいがありました。
まい泉より、さっぱりしています。
味スタは、どこより食が充実したスタジアムでした。
さすが味の素。

ではまた!
by koizumi_hiroko | 2010-08-11 22:56 | Comments(0)

素敵な出会い☆

「たえず料理に関心を持っているようになさるとその家は栄えますわね」
京都の懐石料理店、辻留の辻 嘉一さんのひと言に誘われて、
宮尾登美子さんとの対談本『大人の味』を購入。
c0249163_18441255.jpg

場所はCOW BOOKS@表参道。
c0249163_18441311.jpg

たまたまお一人様ランチに隣のドラゴンフライカフェに行ったものの、
満席で待つ羽目になり、偶然出会ったんです。
いろいろと食にまつわる古い本を揃えていて
他にも気になるものが……。

私の仕事は本当にいろんな人と、出会いがあります。
たまたま気になっている服を探していたら出会ったひと、
先輩からのつながりで親しくしてもらっている方、いろいろです。
特にリースに伺う、プレスの方からはいろんな刺激ももらいます。
私の仕事、エディター業務に専念することもできるんですが、
やっぱりプレスの方たちとのつながりも大切にしたいので、
ついついスタイリングもしてしまいます。
最近お会いした人々。みんな個性的で楽しく可愛く、当然おしゃれ☆です。

三陽商会「エポカ」&「エポカ ザ ショップ」チーム。
二人にはホントいろいろお世話になっています。
c0249163_18441358.jpg

セレクトショップの「マルティニーク」チーム。
右の清水さんはサーフィンにやっていていい肌色♪
c0249163_18441390.jpg

それから「バーニーズ」の小池さん。
この日はドーナツまでいただいちゃいました。
c0249163_18441384.jpg

ミュラーやグラフィットランチなど、
話題の日本ブランドを扱うムロフィスの枝さん。
c0249163_18441361.jpg


今月はまだまだいろんな方にお会いする予定。
またご紹介します!
by koizumi_hiroko | 2010-08-10 20:58 | Comments(0)

美人主婦と新鮮野菜

なんだか猛暑にも体は慣れてはきたものの、
集中力にはかな〜り影響を及ぼしている模様。
で、気がつけば8月。すでに一週間経過。
週3回くらいは。。。と思っていたブログも、
さすがにご無沙汰モードです。
c0249163_18441249.jpg


この間、大学時代の友だちと、かなり久しぶりの女子会@東京。
ダメ女な私と違って、みんな都内から2時間圏内在住の美人主婦。
人生着実チームです。ひとりは近々おばあちゃんになる(!!)と言い、
すでに息子2人がほぼ成人というひとも。。。。
懐かしい話から、めっちゃ刺激的な話まで、まさに女子会トークがつきません。

結構休みが多くて選定に困る、日曜ランチのレストランを、
美食王女、グラツィアのマリーさんに相談して、AWキッチン@新丸ビルに。
名物バーニャカウダは、いろんな新鮮野菜がツリーのように盛りつけられて。
c0249163_18441228.jpg


選べるパスタから、蕪のカッペリーニをチョイス。
c0249163_18441294.jpg


前夜祭もやまだや@築地で行っていたため、
自家製ベーコンとかタコの炊き込みごはんとかと
麦焼酎をロックでグビグビっと、またまた完全飲んだくれ状態。
なので、瑞々しい野菜たちが胃にもやさしい感じです。
c0249163_1844124.jpg
c0249163_18441233.jpg


しばらく子育てやなんだかんだで時間がなかったけれど、
年齢的にもここからは人生の先輩たちから聞くように、
ますます定例化していくのかも。うれしいことです。
そのあたりを実感するのが、5~6年前とは明らかに違うところ。
しかし……「ミセスは夫の社会的立場を踏まえ、自分の役割をファションに託す」
と、グラツィア9月号で斉藤薫さんが書かれていたように、
彼女たちは、なんだか破れたジーンズにペタンコサンダルなんか履きそうもありません。
みんなスカートやワンピ、ちゃんとした女のひとっぽい装いです。
ちょっと考えさせられます。

ではまた!
by koizumi_hiroko | 2010-08-08 00:00 | Comments(0)