ブログトップ

★ ファッションエディター 古泉洋子の「本能のグルメ」★

koizumihiroko.exblog.jp

<   2010年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

歌舞伎座に感謝を込めて

いい感じのお天気でGW突入です☆
おととい千秋楽を迎えた歌舞伎座も、とうとう本日閉場式とか。
今日は特別演目ですが、今月は公演名も「御名残四月大歌舞伎」。
ホントにお名残惜しい感じです。
まだまだ雰囲気に酔うレベルではありますが、たまに歌舞伎も楽しみます。
でも今回はその特別感を楽しもうと、着物で出掛けたんです。
散財間違いなしの着物界には、まだそれほど足を踏み入れていないので、
入門編として銀座の衣裳らくやさんでお借りすることにしました。
http://www.rakuya.co.jp/
「歌舞伎おでかけプラン」は、一泊二日で
着付けもしていただき¥6,000というお手頃価格。
お気に入りのフェンディのビーズバッグに合わせて、
選んだのは紬ふうの着物です。ショートヘアも無理矢理アップ調に。
c0249163_18433654.jpg



カジュアルでも着たからには、多少は気分を楽しもうと思ったものの、
お茶を飲んだら、その後が結構困りました。
で、イタリアのヘアアクセサリーを扱うacca@銀座で髪飾りを買ってみたり、
c0249163_18433647.jpg


エルメス銀座店で行われていた細川護煕展へ行ってみたり。。。。
c0249163_18433688.jpg


よくわかったこととしては、
着物を着る→それなりの場所しか似合わない→お金がかかる
という散財×散財の図式です。でもだからこその着物です。

幕間にいただくお弁当もこの日は特別バージョン。
カウンター割烹のうち山@銀座にお願いしておいた鯛飯お弁当です。
c0249163_18433793.jpg


これは気分も上がる美味しさです! 
肝心の歌舞伎は、助六での玉三郎さんの美しさと
勘三郎さんの盛り上げ上手ぶりに酔いしれました。

こうして場所にセンスを鍛えられることも大切です。
ではまた!
by koizumi_hiroko | 2010-04-30 11:27 | Comments(0)

カプサイシン韓中対決

相変わらずの天候不順です。
「またすごい雨降ってて寒いですよ〜」とかなんとか、
お得意のお天気トークにネタにはことかきません。
今日は足が痛くなるのでは? と躊躇していた
メリッサのレインシューズが初登場です。
c0249163_1843342.jpg


意外に大丈夫。夏の雨にはいいのかも。
しかし……ゴールデンウィーク前とあって、なんだか忙しない日々です。

ということで、肌寒いので、まだまだお鍋が登場します。
お鍋料理は野菜をたくさん取れるうえに、簡単なのがポイントです。
韓国おみやげでいただいたコリアンレッドペッパーパウダー。
c0249163_18433437.jpg


どうやらほんの少ししかとれない貴重なものらしいです。
そこで、たこ&あさりチゲ鍋です。
c0249163_18433580.jpg


あさりを出汁も使いつつ、鶏ガラ粉末もプラス。
コチュジャンやお醤油、酒などで味を加えて、
そこにこの粉末唐辛子を大さじ2杯くらいパラパラ。
風味豊かで爽やかな辛味は、汗さえも上質なのでは?と感じるほど。

一方、最近流行っていて品切れ状態という
桃屋の「辛そうで辛くなくてでも少し辛いラー油」でしたっけ?
ん〜もう! 商品名ややこしすぎ。
どうやらそれにもネタもとがあるらしいんです。
で、教えていただき中華材料店で購入したのが、こちらの本気バージョン。
フライドオニオン&ガーリック入り本場のちょっと辛いラー油です。
c0249163_18433538.jpg


これはご注意物体です。すでに油じんでいます。
ごはんになんかかけて食べたら、どんだけなカロリーになることやら。
でも正直うま〜〜い!! 
きゅうりとお酒を入れたお湯で茹がいた鶏のささみにあえて、
香菜をたっぷりかけてみました。
c0249163_18433662.jpg



アジアな唐辛子、とひと口にいっても、本当にいろいろあります。
カプサイシンで体脂肪が燃える……なわけないです。。。

ではまた!
by koizumi_hiroko | 2010-04-28 01:09 | Comments(0)

真珠とダイヤ的おもてなし 後編

人力車に揺れらて到着したのは、なんと東京吉兆!
「ようこそお越し下さいました」
大変です(汗)当然のことながら、靴を脱ぐんです。
は、裸足です。靴ボロいです。まずい。。。
恐る恐る「すみません。。裸足なんですけど。。。」と告げると
「こちらをお使いください」と、さっさっと黒いソックスが。。。
そんなマナーしらずの女への配慮までされたTASAKIの祝宴。
ここからはせっかくなので、部屋を移動しながらの様子を
バーチャルでお楽しみください。

一の間 前菜でございます。
鯛の子や鴨、フォアグラの寄せもの。
c0249163_18433239.jpg

c0249163_18433211.jpg


これは。。。茶碗蒸しですね。
すっぽんのお出汁を使っているようです。
そして中にはフカヒレです(驚)


二の間 焼き物でございます。
「あら、アゲラーの匂いがしますわよ(笑)」と耳打ちされ、
向かった部屋には、稚鮎の揚げ物!!です。
c0249163_18433342.jpg


写真を撮ろうとカメラを持って近づいたら
急かしているのかと勘違いされて、
「只今、揚げておりますからね」と諭されてしまいました。
c0249163_18433333.jpg

牛肉、鮭、蒸しアワビの串ものも。
ここでは乙女文楽と新橋の姉さん方の踊りも堪能。
c0249163_18433365.jpg

c0249163_18433340.jpg


三の間 飯物でございます。
見目麗しい富喜寄寿し、そして日本酒。
c0249163_184334100.jpg

四の間 茶処でございます。
お庭を眺めながら、
和菓子とお抹茶をいただきました。
c0249163_18433421.jpg

正直、最近の若干厳しいファッション業界では、
こんな盛大かつきめ細かい宴は、本当に久しぶり。
このおもてなしを通して、半世紀以上の歴史を持つジュエラー、
TASAKIの日本発ならではの繊細かつ新しいセンスを
感じたひとときでした。

ではまた!
by koizumi_hiroko | 2010-04-24 23:20 | Comments(0)

真珠とダイヤ的おもてなし 前編

4月とは思えない寒さです。
昨日はタクシーにも暖房がかかっていました。
そして夜はTASAKI銀座本店のリニューアルオープンお披露目へ。
私たちはこういうご招待があるとき、
仕事の延長線を踏まえつつ、会の華やか度合いにより、
ちょっとはキレイにして出掛けます。
でも昨日はあいにくの雨、お店のオープンだけなら、と
足元は雨仕様のおんぼろエナメルのバレエシューズだったんです。
これがあとにとんでも恥ずかしいことに……。

お店は以前のクラシックな雰囲気から、ミニマムモダンに一新。
TASAKIを象徴する真珠とダイヤモンドを
主としたジュエリーも、どれもファッションっぽいデザイン!
手に取りやすい価格のものも揃います。http://www.tasaki.co.jp/
私的お気に入りはNYの人気デザイナー、
タクーンが手掛けたコレクションライン。
c0249163_18432970.jpg


5Fのイベントフロアでは、斬新なフラワーアーティストとした知られる
ジャルダンデフルールの東 信さんによる
植物とジュエリーのインスタレーションを展示。
c0249163_18433048.jpg

c0249163_18433129.jpg


不思議。木が浮いています。そこに絡むジュエリーは独特の世界観です。
5月5日まで展示中なので皆さんもぜひ。

そして案内されるままに、1Fの出口に着くと、
そこには……なんと人力車!!がお待ちかねです。
忘れてました! 今日はシークレットな場所でパーティもあるんでした。
あ〜、もう少しドレスアップしてくればよかった。
一応キラキラのトップスだったけれど、特に靴! 
長靴じゃなかったのがせめてもの救いです。
c0249163_18433298.jpg


同行の同髪型のスタイリスト橋本さんと、
銀座の晴海通りから並木通り、そして気がつくと
新橋演舞場を抜け、どうやら艶っぽい木挽町あたりのようです。
ここから、思いもよらない絢爛豪華な素敵祝宴が始まるのです。
c0249163_18433244.jpg


次回へ続く……。
by koizumi_hiroko | 2010-04-23 12:33 | Comments(0)

断捨離

あるとき電車の中刷りに書かれた「断捨離」の文字が
私のほうを向いていたんです。
なに? ダンシャリって???
じっと見ているうちにわかりました。かたづけ術の本です。

断=入ってくる不要物を断つ
~1回しか着なそうな服も、歩けなさそうな靴も、油も、酒も~

捨=がらくたを捨てる
~タグがついたままの服とか、開封したけど食べてないお菓子とか~

離=モノからの執着を離す
~欲しいものもないのにセールに行ったり、限定発売の食のために出掛けたりしない~

書き出しただけでもダメです。
出家でもしないと無理な気がします。
しかし、一歩一歩です。
まずは衣替えを気に、服をお嫁に出し、食欲をセーブし、
いろんな意味で新鮮な空間を生み出すべきとき、なのかもしれません。

そして、展示会周りで出掛けたミッドタウンで目に留まったのがこのボード。
c0249163_18432917.jpg


4月23日~25日の間、服を持ち込むと難民の方などに寄贈してくれるらしいです。
これはいいかも。持ち込めない服種もあるので
詳しくはコールセンター03-3475-3100まで。
以前NHKで放映していたナカノという会社でも、受け付けています。
http://www.nakano-inter.co.jp/
ご参考まで。

で、朝ごはんにはすでにカチカチだったパンを
溶き卵とミルクと砂糖+バニラエッセンスに
昨夜から浸して、今朝焼いたフレンチトーストです。
c0249163_18432927.jpg


相変わらず、冷蔵庫のなかの断捨離はそれなりにできるのに!

ではまた。
by koizumi_hiroko | 2010-04-22 00:28 | Comments(0)

大人女子のゆったりTIME

先週のバタバタから解放されて、
今週は明日からすでに秋冬ものの展示会シーズン。
でも2、3日前の激寒を思うと、季節感はぐちゃぐちゃです。
打ち合わせの帰りに、買い物モードだったので
経由地の新丸ビルをのぞいてみました。
ビームス、アローズ、ドリステリアなどなど
いろいろ見た割に、買ったのは¥3,045のミサンガ風ブレスのみ。
c0249163_18432997.jpg

夜も7時近く、そのままウチに帰るのもありだったけれど、
ノドも乾き、若干お腹も空いていたので、
ショコラティエ パレドオール@新丸ビルへ。
簡単なような複雑なようなメニューを選ぶのがちょっと面倒だったので、
絶賛キャンペーン中らしい、シャンパン+ショコラの
女子向けのハッピーアワーセット的なものをオーダー。
c0249163_18432921.jpg


例え30分でも、こういうおひとりさまなゆったりTIMEは
気分をリセットするために必要です。

お供は、読みかけの女優の木村多江さんの発売したばかりの
エッセイ「かかと」(講談社刊です)。
c0249163_18432974.jpg


木村さんの清々しく真摯な姿勢も相まって、いい時間でした。

ウチでもフェラガモの香り、タスカンソウルの
キャンドルを焚いて、気分もゆったり♪
c0249163_18432911.jpg


でも、余裕な感じはきっと今日だけ(泣)
週末に向けてGW前の原稿ラッシュがお待ちかねです。。。

ではまた!
by koizumi_hiroko | 2010-04-20 02:25 | Comments(0)

アゲラーなりのヘルシー休胃日

私のことを親戚の叔母たち限定の“ひろちゃん♪”と呼ぶ
大胆不敵なスタイリストとの調子狂いまくり(笑)の撮影を終え、
温かくなった午後はその足で渋谷へ。
目的はGAPがステラ・マッカートニーとコラボするKIDSの服。
c0249163_18432732.jpg


発売間もないというのに品薄で、見たかったBOYSはほぼ完売。
ということで、自分の服を見ることに。
前からチェックしていたGAP BODY、いい感じです。
おうちライフをおしゃれに過ごすための
コンファタブルなアイテムが充実しています。
saleも活用して2パターン購入。
c0249163_1843276.jpg
c0249163_18432843.jpg


まだまだ先の話ですが、グラツィア7月号では、
こんな使えるSHOP特集を只今絶賛取材中!ですので、お楽しみに〜。

で、今“アゲラー”の話をTVで放映中。
どうやら鳥の唐揚げ好きの呼び名らしいです。
私はそう意味では取り立てて鳥なアゲラーではありませんが、
串揚げ、天ぷら、フリットなどなど、真のアゲラーです。
c0249163_18432858.jpg

これはアゲラーin 京都、フリットミスト。
アゲラー仲間は、家族&ここでも人気ブロガーな大草さん♪

でもさすがに最近濃いもの続きで、カラダが求むヘルシーです。
ディナーには「春野菜とあさり&鮭のスチーム鍋 with クスクス」。
c0249163_18432861.jpg

お鍋に春きゃべつ、新たまねぎ、新ジャガ、人参、アスパラ、しめじ、
そしてあさりと鮭、ローズマリーをただのせます。
そこに野菜ブイヨンの出汁(水でもいいらしいです)を
カップ1/2くらい投入し強火で7〜8分で蒸らします。
(野菜から、水分が出るので加減してくださいね。)
塩&オリーブオイル、もしくはポン酢やごまだれなどつけダレはお好きに。
いいエキスを含んだスープは、お雑炊でもいいけれど、
軽め気分ならクスクスに含ませていだただくと最高です。
天候不順でちょっと野菜もお高めですが、ぜひ。
最近ちょっとハコとしては微妙だった渋谷西武B1Fのスーパー、
ザ・ガーデンが意外に価格も質も充実してます。

食後のカモミールティーでくつろぎつつ....
ではまた!
by koizumi_hiroko | 2010-04-17 23:57 | Comments(0)

YAZAWAなう

あるキーワードが日々の中で突然連鎖を始めることがあります。
YAZAWAがきてますなう。
←メカを駆使するスタイリストのひとに聞きました。
ツイッター界で流行中なう、です。

京都のマイ定番、権兵衛の鳥なんばをいただき、
c0249163_18432789.jpg

イノダコーヒー三条店の大きなカウンターで
地元民気取りでくつろいで、
c0249163_18432779.jpg

ハイアットのセッテで
裏メニューのカルボナーラを夕食に。
c0249163_18432771.jpg

そんな旅のなかで、目の前の通り過ぎたのが、
永ちゃんタクシー!!  
以前永ちゃんファンのグラツィア編集長から噂は聞いてました。
デカいアメ車、50代くらいのドライバーも
もちろん永ちゃんルックです。
あまりに突然のお出ましに、躊躇して乗り損ねました。後悔。
待って~せめて御姿だけでも残したい~。パシャリ☆
c0249163_18432726.jpg


いまトヨタのアルファードのCMも気になっていたら、
これはYAZAWAの新曲です。
そして久々にメールした友人は
近々YAZAWAの取材の機会があると興奮気味に話してました。

さらに今日仕事でうかがったお店では、
「担当●永をお尋ねください」といわれ漢字表記を確認したら、
「矢沢永吉の永です」との答え。わざわざのYAZAWA登場です。

という感じで、ただいまYAZAWAなう、です。
新曲はまだ未発売のようなので、時間よ止まれをダウンロード。
夏を感じながらリラックスできる名曲です。

ではまた!
by koizumi_hiroko | 2010-04-16 00:46 | Comments(0)

京都×肉ハイ&ロー その2

ぽかぽか陽気の日曜日、いかがお過ごしでしたか?
私はゆる〜い空気が流れる二子玉でshopping★
ロンハーマン、やっぱ素敵です♪

さて、京都のお肉庶民派編です。
c0249163_18432511.jpg


この方をご存じだったら、あなたも相当なおっさんです。
毎週月曜21時からBS-TBSで、酒場放浪記っていう
番組をナビゲートしている吉田 類さんです。ビミョーな流し目。。。(笑)
ゆる〜く居酒屋を訪ね歩くだけなんですけど、
普段立ち寄らない種類の店ばかりなので、興味津々で観ています。
東京ではなかなかガード下の飲み屋には行きづらいので、
京都で赤ちょうちん決行です。
c0249163_18432619.jpg


鶏も美味しい京都ということで、焼き鳥です。
たまたまネットで調べていたら、酒リーマンという方の
ブログで推薦されていたので、きむらという店へ。
煙ボウボウのカウンターだけの店の裏にある駐車場に
ビニールを覆って作成されたスペースがテーブル席です。
地元のオヤジやおばちゃんが集ってて満員御礼です。
c0249163_18432670.jpg


まずは生きゃべつ登場。自家製たれでいただきます。
ウワッ。直ガーリック味です。
ウマイ!けど、これから新幹線に乗るんです(汗)。
c0249163_18432655.jpg


きました! メインの焼き鳥。
うす暗いので、写真も手ぶれしちゃってます。
鳥の間には長ネギじゃなくて、玉ねぎです。
炭焼きなので、こげ感がいい具合。
他にはないワイルドな味わいです。
飲んでみたかったハイボールにもトライして
シチュエーション的にも随分満足です。
c0249163_18432654.jpg


終わりは、グラツィアのイメージを壊さないよう、
見事な京都御苑の桜で、美しく締めておきます。
ではまた!
by koizumi_hiroko | 2010-04-12 00:20 | Comments(0)

京都×肉ハイ&ロー その1

年明けから、予定外に息つく暇のない怒濤の日々だったため、
無理矢理の春休みを設定。
おかげでその前は自業自得でさらにハードに。
旅先は京都どすえ〜。
c0249163_18432430.jpg


毎年桜の時季の京都はけっこう恒例にしています。
ホーホケキョ♪ 写真左上あたりに止まってちゃってます。
c0249163_18432411.jpg


今回、美しい京都での目的はお肉!
以前このブログにも登場したカルチャークラブ仲間と
祇園の肉料理を食し興味を感じて以来、なかなか機会に恵まれませんでした。

まずはステーキでしょ、ということで、
ちょっとリッチにみかく@祇園へ。牛の看板がお出迎え。
c0249163_18432469.jpg


サーロイン、テンダーロイン、ランプから選び、
グラム数を決める仕組みです。
迷ったあげく、サーロイン150gです。
c0249163_18432528.jpg


白川の桜の眺めとミディアムレアに焼けたばかりの肉との対比は、
生きててよかった♥な感じです。
塩をつけてひと口、西洋わさびでまたひと口……。
もちろん赤ワインをお供に。
多くを語るまでもありません。

〆のガーリックピラフがまた絶妙です。
c0249163_18432598.jpg


丁寧な作業で油を充分に切ったかりかりの牛脂たちが、
パラパラなごはんと合流中です。
c0249163_18432570.jpg


ご覧の通りです。空腹の方、申し訳ありません。

美味しいものだらけの京都では、短い旅でグルメを満喫したいので
贅沢なもの、庶民なもの、定番ものをミックスコーディネートでいただくのが私流。

しばらく、ぞくぞく京都ネタをご紹介します。
次回は庶民な肉をお届けします。
乞うご期待☆

★お読みいただいている皆様★
コメントをいただきありがとうございます。
人生の愉しみを共有していただければ幸いです。
by koizumi_hiroko | 2010-04-10 20:14 | Comments(0)