ブログトップ

★ ファッションエディター 古泉洋子の「本能のグルメ」★

koizumihiroko.exblog.jp

<   2010年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

あえて真逆

春のような暖かさです。
昨日、高台におウチがある近所のおばあさんが、
どうやっても見えないし聞こえないよ、っていう位置から、
「タクシー! タクシー!」って叫んでいました。
ということで、乗ろうと思っていたタクシーを止めて、
運転手さんに「あの、上のおばあさんがタクシー呼んでます」って
譲ってあげました。一日一善。

人に善いこと、体に良いこと。。。。
最近は友だちとのゴハンもヘルシー志向。
最初の会社の同僚で、現在は美容ライターの片岡さんとは
かれこれ20年以上のつきあい。
c0249163_18431116.jpg


お互い、カタオカエリ、コイズミヒロコって
なんでかフルネームで呼んでしまう間柄。
若い頃、彼女はハデ色のボディコンスーツのいい女系、
私はピヨコ隊ですか??みたいなギャルソン的モードファンタジー系。
趣向は真逆なのに、一緒にいて妙にラクなひとなんです。

久しぶり! ってことで、ある意味ヘルシーとは真逆の場所、
六本木のど真ん中の一軒家、その名も「六本木農園」へ。
c0249163_18431167.jpg


岩手県産の焼き野菜、雪見鍋のほか、こんな南瓜のスープや
自家製ベーコンをのせたしいたけ、大根と人参のミルフィーユ風の3種盛りも。
野菜を主にしているので、さっぱりしていて胃にも優しい感じです。

そういえばグラツィアの3月号で、海老蔵さんと茂木さんが
無農薬で奇跡のりんごをつくった、弘前の木村秋則さんを訪ねていましたよね。
結構おいしそうなものがあるので、たまにのぞくHP「セコムの食」
http://www.secomfoods.com/で、その木村さんのりんごを使った
コンフィチュールを発見。早速オーダーしてみました。
c0249163_18431246.jpg


なんというか心穏やかになる優しい甘みで、
ポークソテーとか真逆のパンチに合わせたら、
美味しさが際立ちそうな気がしています。

ハイ&ロー、フェミニン×ボーイッシュなど
おしゃれでもそうですが、あえて真逆、に
果敢に挑んでこそ、新発見があるのかもしれません。
by koizumi_hiroko | 2010-02-26 12:04 | Comments(0)

ミツバチの誘惑

寺島しのぶさんが、ベルリン映画祭で銀熊賞を受賞されましたね。
ときどき観ている「龍馬伝」でも、龍馬の姉さん役を好演。
お仕事でご一緒しましたが、ハッピーオーラ&気さくで、
同性からみても、とっても魅力的な方です。
その映画祭で金熊賞に選ばれたのは、トルコの監督による「蜂蜜」とか。
最近やたら、はちみつ連鎖発生中!
本日本当は平成22年2月22日の超ゾロメ、2=アヒルの日なのに! 
ならば更新も午後2時22分に。

前回マカロンを探していて、もうひとつ気になったのが、
ホテル西洋銀座の「銀座はちみつマカロン」。
c0249163_1843941.jpg


たまに話題になっている銀座産のはちみつを使っているらしいです。
ちょっと大きめサイズですがスリムボディ。外側のパリッとしていて、
中からははちみつ風味のバターたっぷりクリームが!
オレンジピールの食感がアクセントになっています。
バター好きには、かなり高評価です。

そして出掛けたこちらもパリのジュエラー、ショーメの展示会では、
なんと! 今度は100匹の可愛いミツバチたちがお出迎え。
飾られていたジュエリー「アトラップ・モワ」に添えられたミツバチモチーフの数です。
http://www.chaumet.com/
見てください、指先に、手首に、胸元に! ブンブンブン♪
c0249163_1843928.jpg
c0249163_18431084.jpg
c0249163_18431063.jpg


c0249163_18431034.jpg


ミツバチの
プチスイーツも
ひと口。

タッチ&トライしてみると、可愛いのにさりげなくて
ついついニコニコしてしまいます。
セッティングも数種使うなど、凝ったつくりの本格派。
しかも〜Save the bee〜「テール・ダベイユ」の活動にも貢献しているとか。
私たちの食糧資源の1/3が、ミツバチの植物受粉に依存していて、
ミツバチなしには人間は数年しか生きられないなんて、知りませんでした。
www.sauvonslesabeilles.com

どうせ投資するなら、もしくは贈られるなら
今年はこんな「エレ甘」のスマイル効果で幸運を呼び寄せたいものです。
ではまた!
by koizumi_hiroko | 2010-02-22 14:22 | Comments(0)

「エレ甘」に酔いしれて

高橋大輔選手の魅せるスケートに酔いしれたここ数日。
特にcobaの「eye」の情熱的な音色にのせて滑ったショートが抜群でした。
c0249163_1843683.jpg


シャッシャッシャ、ピタッ、キリッ。
ついついリズムにのって、
キメのポーズをやってしまいそうになるのは私だけ? 笑。
一方、フリーのニノ・ロータ作曲「道」は、
映画の情景が思い出されて、違った広がり感を感じさせます。
大好きな「8 1/2 」など、改めてフェリーニ映画を観返したくなりました。
わかりやすい行動として、「高橋大輔 フェヴァリット・ミュージック」から
早速itunesで2曲ダウンロード!
しつこいくらいに2曲だけで交互にシャッフルし続けています。

滑りは華麗、顔は甘。
私的お好みバランスな高橋選手のように、
見るだけでココロが華やかになるモノと言えば、やはりジュエリー!
今週はいくつか新作ジュエリーの展示会に出掛けました。

パリの老舗、ブシュロンは、銀座の並木通りにブティックがあります。
やはり高いものを買うなら、こういう雰囲気の中で、
と思わせる重厚感のあるシックな内装です。
今回はジュエリーのほかに、ウッドとホーンで仕上げたモダンなサングラス、
それからiphone用のアプリケーションの紹介も。
c0249163_1843675.jpg


ちなみに
マイ携帯は
以前行われた
シャネルの
アート展で、
ダウンロード
したものを搭載。
コールと同時に、
こんなふうに
流れ星が
きらめくんです。


ブシュロンが得意とするファンタジーアニマルの
ハイジュエリーは、贅沢な遊び心に満ちあふれています。
私の目に留まったのは、その名も「タンタシオン・マカロン」!
これまでより小さいサイズが新登場です。
c0249163_1843766.jpg
c0249163_184381.jpg


ただのマカロン型の小さなリングじゃないんです。
ひとくち食べた設定で、端をかじったフォルム、
しかも中からはキラキラのフィーリングまで!
こういう大人のユーモアに弱いんです。。。。
HPをのぞくと目の保養にも、衝動買いの起爆剤にもなります。ぜひ。
http://www.boucheron.com/

ジュエリーを見ているうちに、
無性にリアルマカロンが食べたくなりました。
いちばんお気に入りはピエール・エルメですが、
大丸東京店にある「レ・ミニャルディーズ」の
2cmサイズのチビマカロンが気になります。
c0249163_1843892.jpg


ちょっとした手みやげにもよさそうです。

華やかで甘い、エレ甘話は、また次の回にも!
by koizumi_hiroko | 2010-02-20 15:17 | Comments(0)

オヤジ★クリエイターズ的温め方

夜になってから、小雪が舞っていました。
最近天気予報、当たりますね。

本日はグラツィア5月号の撮影。
かなり寒い!の予報通り、屋外での撮影には厳しい気温です。
特に室内に基地を持たない場合の撮影は、
こんな風にロケバスのなかで、かなりぎゅうぎゅう状態で
ヘアメイクから着替えまで準備をします。
c0249163_1843318.jpg


c0249163_1843379.jpg

どうにも狭いので、
アシスタント君は
可哀想に、
外待ちです


撮影前のウォーミングアップはトークから。
中華そばとラーメンの違いから、餃子の王将の京都系と大阪系の関係、
それからギリシャの深刻な不況によるユーロ下落まで、まぁ世間話です。。
主に話しているのは、撮影ムードの温め隊長のヘア担当ハンジさん!
私が何度注意しても、サッカーの日本代表を全日本って言うんです。
それって釜本選手の時代ですか?! いったいハンジさんって何歳??
でも京都生まれで、パリでのキャリアもある粋な昭和メンズです。

一方、メイク担当はリュウジさん。
モード誌や海外の仕事もこなす、こちらはNY組。
「“古泉”って、名字的にはきっと武士系ね」
確かに拙者、潔いかもしれませぬ。。。。
ともあれ見かけに寄らず! 二人ともインターナショナルなオヤジたちです。

フォトグラファーは笹口さん。
いろいろな撮影でお世話になっていますが、
とっても頭がクリア、なのにココロ温か。いつも助けてもらっています。

で、本日は車を絡めて撮影します。
アウディのカブリオレ。こんな車に乗る女、かっこいいですね。
c0249163_1843439.jpg


c0249163_184344.jpg

PR業務を担当する
ステップインクの、
おしゃれメンズ
岩田さんが
運転してきて
くれました。



モデルはNAHOちゃん♥
c0249163_1843585.jpg


美術の大学に通っています。なんと大人っぽいこと!
NAHOちゃんには極寒のなかタンクトップ姿を用意する鬼コーチぶりですが、
春夏物なので仕方ありません。
無事終了。

ランチは温まるしかない! ってことで中国飯店@六本木へ。
所望の辛い系の麺類がなんと4種類も!
上海風辛いラーメン、酸辣湯麺、担々麺、
そしてマイチョイスの、その名も「すっぱ辛いラーメン」。
c0249163_1843537.jpg


鶏やタケノコ、ほうれん草なんかの細切り炒めを
餡にして醤油系ベースにのせています。
黒酢と辣油で、甘さのある辛味は、後を引く美味しさです。
あ、また前回に続き辛いものでしたね。。。。

シックで女らしい雑誌、グラツィアではありますが。。。。
実はこんなオヤジ&兄さんたちの巧みの技により、
できあがっていることを憶えていてください。
c0249163_1843693.jpg


それではまた!
by koizumi_hiroko | 2010-02-17 01:36 | Comments(0)

番外編:サッカー アゲイン

情けない。。。
昨日アップした辛鍋のごとき、赤いマグマが静かにフツフツと。。。
もっともコワいパターンですね。笑。

まだW杯も始まっていないのに、本日の敗戦は
4年前のあの脱力感を思い出させます。
まさかこれといった可能性も感じさせないまま、
ホントに負けちゃうなんて。。。。

細かいことは書くまでもないけれど、
唯一、熱い魂をわかりやすく表現していた闘莉王は
あまりに単細胞な足蹴り=非紳士的行為で退場。
反対に、このチームのやる気が表面的にわかりにくくなっている
不思議ワールドの素、楢崎〜中澤〜遠藤〜玉田(&本田)という
恐るべきAB型の縦のホットライン。。。
でも今日は稲本のがんばりにだけ、ちょっと救われました。
あ〜また監督は、サポーターを逆撫でする発言してますね。

サッカーに興味のない人にとっては、何のこと?的なブツブツですよね。
ではまた!
by koizumi_hiroko | 2010-02-15 00:29 | Comments(0)

大人巣ごもりライフ

完全なる巣ごもり化、加速中。
もっと東京っぽくて、ファッションっぽいネタはないわけ???
とは思っても、2月って短いし寒し、シーズン的にも微妙です。

ということで、DVD鑑賞です。
1本めは大人気SATCの脚本家が書いたという
軟派系『そんな彼なら捨てちゃえば?』。goo 映画
c0249163_1843397.jpg


スカーレット・ヨハンソンやジェニファー・アニストン、
ドリュー・バリモアなど旬な新30代女優たちが登場。
あるある、そういうこと! とか、
いるいる、こういう男! とか、
ソファにだらだらしながら、お気楽に笑える映画。

そして一転、2本めは硬派系。
NHKでドラマ化したものの続編的な『ハゲタカ』。goo 映画
c0249163_1843367.jpg


気になる男、大森南朋主演。
なんか素っ気なさそうなのに、
甘いようでピリッともしてて母性本能くすぐる系ですよね〜。
経済も金融も得意じゃありませんが、
こういう男っぽい人間ドラマ好きなんです。

もちろん夜ごはんもおウチです。
冬は鍋がベスト。世の中でもバリエーションが増えました。
本日は寒過ぎたので「鶏だんごの辛味噌鍋」。
c0249163_1843371.jpg

<だし>
お水に長ネギの青い部分、しょうがの欠片、干し貝柱で沸かします。
そこに顆粒の鶏ガラだしを大さじ2くらい。お酒、塩も少々。先に別鍋に製作。
<お味噌>
豆板醤とお味噌を同量で混ぜる。
<具材>
鶏ひき肉にみじんぎりの長ネギ&生姜、卵を入れ粘るまで混ぜた鶏だんご。
細く切った白菜。ニラ。もやし。春雨。お豆腐。しめじ。

鍋にだしを沸かし、辛味噌を溶かします。ゴマ油も少々投入。
そこに鶏だんごから、順に具材を投入するだけ!
濃すぎず、酸っぱくない、から〜い刺激希望だったので、
ベストチョイスでした。

さて、サッカーの日本代表、
明日の韓国戦はこの鍋のように、
ピリっとした戦いぶりを見せてくれるでしょうか?
くれぐれも私のほうがこの鍋のように
グツグツと怒りで煮えたぎらないことを祈るばかりです。。。。
by koizumi_hiroko | 2010-02-14 01:22 | Comments(0)

素敵ワールドの人々

5月号の撮影に向けて、またプレス巡りの旅の日々。
本日はまさに休息日です。

「ドリス ヴァン ノッテン」のプレス担当、関根さんは、
いつも愛ある服をすごく丁寧に着こなしていることが伝わる女性。
c0249163_1843184.jpg


ドリス好きな私は、伺うたびに、
いかにドリス本人が素敵な人かを彼女に聞きながら、
つかの間の、うっとりtimeを過ごします。
いろんな国のエッセンスを感じさせるドリスのこと、
旅で得た刺激が投影されているのかと思いきや、
創作のほとんどはアントワープ郊外にあるお城のような家で、
庭に咲く一輪の小さな花なんかから
インピレーションを得てつくるらしいんです。素敵。

春夏コレクションはアフリカ、インドネシア、ウズベキスタンの
民族的なテキスタイルを多用。もちろん全部オリジナル。
だから土着にならずモダンなんですね。納得。
c0249163_1843126.jpg

ウィッシュリストに
入れたいのは
このルック!
絶対欲しいです。

なんでも関根さんは温泉に行くためにたまたま降りたった軽井沢で、
街の空気感にピンときて、そのまま駅前の不動産やさんに入り、
またまた、とある物件の写真にピンときて、
見てそのまま一軒家を衝動買いしてしまったらしいです。
c0249163_1843270.jpg

取材されていた雑誌
ハーパースバザー
のページから。

25mもテラスがある、森のなかのそのおウチで
週末を過ごしているそうです。うらやましすぎるライフスタイル。
しかも彼女、生まれは葉山とか。納得。素敵。

ドリスや関根さんのように、心のなかをピュアに保っていれば、
きっと大切な場面でピンとくるに違いありません。

心がきれいでピュア、といえばモデルの熊沢千絵ちゃん!
c0249163_1843252.jpg


彼女から教えてもらったこれまたピュアな材料を使った、
ついつい食べ過ぎてしまう美味しさの
ピープルツリーのフェアトレード・チョコレート
シナモンをご紹介しつつ、今日はお別れです。。。
by koizumi_hiroko | 2010-02-11 15:33 | Comments(0)

スパイシーに決めて

ガォ~~~。
c0249163_18425938.jpg


もちろん土曜の夜の試合には、ご立腹ですよ。
代表戦で試合後のブーイングを初めて見ました。
只今サッカーのいろんなサイトの掲示板は、監督解任コールで炎上寸前です。
私は堪忍袋の緒が切れやすいので、早めにひとり炎上しましたが。
あの日初めてこのブログを読んだ人々からは、「熱いんですね。。。」とか、
「サッカー好きなんですね、意外。。。」とか、若干引き気味で微妙な反応。
グラツィア編集部では美容のY嬢やファッションのM嬢と、
次の監督候補はラモスだ、西野だ、セルジオだと、あんなに盛り上がったのに!
今度こそはピリッとした試合が観たいものです。。。。。

さて、ガォ~~~の本題。
なぜかラテンなBGMと、狭い店舗に多国籍&多種な品添えで
買い物ゴコロを煽るスーパー、カルディ@品川にて、
「ベンガル スパイス」というハーブティーを発見。
シナモン、チコリ、ジンジャー、カルダモン、
ブラックペッパー、ナツメグなどなどをブレンドしたお茶。クセになる味です。

昨日はホントに寒くて、家から一歩も出たくなかったので、
またまた残り物でなんとかすることに。
服のコーディネートに似てるんですよね。
手持ちの食材で思いがけない料理ができるって。
かろうじてあったのは、人参、玉ねぎ、山うど、
万能ネギ、水菜、油揚げ、レンズ豆の缶詰。あとは炭水化物。
c0249163_18425971.jpg

冷蔵庫のビールが
タイのシンハー
だったから、

本日は中東アジアなベジタリアン料理に決定。
c0249163_18425926.jpg

トルコ料理の
キョフテ。温めた
レンズ豆水煮に
クスクスを同量。
炒め玉ねぎに
ケチャップと
パプリカ少々、
クミン、タイム
(本当はミント)、
万能ネギを入れ、
練り気味に混ぜる。
コロッケのように
形をつくり、
焼くだけ。レモン&
ヨーグルトソースを
添えて。

c0249163_1843039.jpg

インドネシアの
ミーゴレン風。
千切りにした人参と
山うどと油揚げ、
それと水菜を
ゴマ油で炒め、
そこに茹でた
素麺を投入。
塩コショウ&
めんつゆ、隠し味に
ナンプラーを。
うどの苦みが
意外に合います。


スパイスって頼もしい~。
凡庸をちょっと素敵に変えてくれます。
by koizumi_hiroko | 2010-02-08 19:45 | Comments(0)

リピートしたくなる店の“温度”

あ、イタっ、そこ痛すぎです~~(泣)

ここはタアコバ銀座店@銀座2丁目。エストネーション銀座店のビルの4Fです。
c0249163_18425677.jpg


http://www.taacoba.co.jp/ginza/
繊細モダンなジュエリー、MIZUKIのプレス、木村さんからご紹介いただいて、
結構お疲れなカラダをほぐしに参りました。

ロングルアージュのネイル、ヘアカラー&スカルプトリートメント、
そしてボディトリートメントが受けられます。
本日は木村さんおすすめの、スポーツマッサージに初トライ。
心臓から離れた足元からスタートし、筋肉に深くアプローチ。
存分に普段使っていない筋を伸ばされ、アクロバティックな感じです。
終わってみると顔もポカポカ。かなり循環した様子。気に入りました! 
都心のリラックス&メンテ系で、ここまで贅沢に空間を
使っているところは少ないです。ポイント高し!

ということで、満足できるお店って、
結局提供する内容そのもののクオリティは当然ですが、
空間、人のバランスがかなり重要です。
そういう意味でも昨晩訪れたオーギャマン・ド・トキオ@白金は
またリピートしたくなるビストロでした。
c0249163_18425648.jpg

とうもろこしの
ムース生うに添え。
滑らか~、
おいしぃ~~♥
これは他も
期待できます。

c0249163_18425765.jpg

白たんぽぽとドライ
トマトのサラダ。
春を感じる
フレッシュな苦みが
いい感じ。

c0249163_18425829.jpg

九条ネギとツブ貝のあわびの肝ソース。
ネギがホント甘い!


「〆にごはんものとかいかがですか?」とのお店の方。
いえッ。肉ですッ(ピシャリ)。実はコレ以外にフリットも食べてます(汗)。
c0249163_18425834.jpg


ということで和牛のヴァベットステーキ、タスマニアの粒まんまマスタード。
和牛のハラミなのに脂が少なく肉本来の味を楽しめます。
ぷちぷちしたマスタードがまたいい食感なんです。

テキパキ働く仕事ぶりを眺められるアイランド&オープンキッチン。
それを取り囲む感じのカウンターには、おじさんペアや女子3人などなど。
この籠らないラフな雰囲気が、また味を盛り上げます。
トータルでいまどきのカジュアル感=ベタすぎない温かみ、
そういう意味で店の“温度”が絶妙。

但しカメラマンの密会?!や某誌編集長の接待風景にも遭遇しちゃうという具合に、
おしゃれ系なので連れ選びにはご注意を。
by koizumi_hiroko | 2010-02-06 23:38 | Comments(0)

変カワ♥マニア

街中にはいろんなマニアっぽい人がいます。

c0249163_18425598.jpg

人気のセレクトショップ、
キットソンのバカ売れスパンコールバッグから
「オタクまさか昼寝してるの?」的な
クマ一匹をのぞかせて歩く少女。

ルブタンの靴のPRをしている会社では、ルブタン×バービーを発見! 
c0249163_18425513.jpg

バービーマニアも多いですよね。
棚にははきかえ用の靴が3足、
床には実物と同じあのルブタン箱も。
ちっちゃ。

こんな化粧ポーチ使っているの、誰ですか???
c0249163_18425576.jpg

あ、それ私のです。
何年か前にミラノで信号待ちをしていたときに、
店のなかから私に熱い視線を送っていた彼♥
あまりの好みタイプだったので写真をパチリ。
ネットでデータ写真を送って
ポーチにして使ってます。
自分さえ飼いならせないので、
飼ってはいないけど無類の犬好きです。
ミッキーvsスヌーピー。当然スヌーピー派です。
ジャックラッセル飼いたいな~。
c0249163_18425621.jpg


昨日のお昼間、ひとつ予定がキャンセルになり、ぽっかりあいた1時間半。
ぶらり途中下車の旅。まもなく誘惑の駅、新宿三丁目〜♪伊勢丹新宿店前〜♪♪
ちょっと降りてみましょうか〜。。。。
いつもの年なら、この時期春物が占める割合が多いはずだけど、
今年はまだ冬物もセールしてます。物欲がメラメラ~。
B1Fではバレンタイン商戦真っただ中。まだ一週間はあるのに!
ひねり好きマニアとしては、ジャンポール・エヴァンなのに、
こんな動物ショコラに惹かれます。
c0249163_18425674.jpg


変で可愛いものは好きですが、ただ可愛いファンシーは苦手です。
子供のときから被りものの人が近づいてきて、
頼んでもないのに愛想を振りまくのも恐いし、
だってネズミでしょ?なミッキーも好きでもないので、衝撃告白☆
私、ディズニーランドには未だ行ったことがありません。
by koizumi_hiroko | 2010-02-05 11:00 | Comments(0)