ブログトップ

★ ファッションエディター 古泉洋子の「本能のグルメ」★

koizumihiroko.exblog.jp

ブルガリに触発されて

今年の夏は、短くも特別な時間でした。
私のイタリア愛を深めてくれるブルガリとともに。

本日より上野の東京国立博物館・表慶館で
スタートした「アート・オブ・ブルガリ 
130年にわたるイタリアの美の至宝」展の
図録制作のお手伝いをさせていただきました。

昨晩はその図録にもゴージャスな華を添えられた
宮沢りえさんも登壇のオープニングパーティ。
c0249163_1161573.jpg

c0249163_11677.jpg

そしてローマ本店にも写真が飾られている
私の永遠のミューズ、モニカ・ヴィッティ様も
収められております。かっこよすぎ!
c0249163_1163731.jpg

「セブンワンダース(七不思議)」と名付けられた
118.46カラット!!!のエメラルドにも負けない迫力!

回顧展、それはそれは圧巻のラインナップです。
特別につくられた「ディーヴァ」のネックレス。
c0249163_1165111.jpg

「ディーヴァ」はローマの遺跡、カラカラ浴場の
モチーフにもインスパイアされています。
こちら、今年実際に訪ねてみたカラカラ浴場。
c0249163_117076.jpg

この時空を旅する感覚を味わえるのもブルガリならでは。

表慶館の建築を巧みに使った装飾もすばらしかったです。
c0249163_1171057.jpg

c0249163_1171548.jpg

吹き抜けのサークルを使った「ブルガリ・ブルガリ」。
c0249163_1172663.jpg

c0249163_1173387.jpg

そして、この初代「ブルガリ・ブルガリ」は
顧客ギフト用につくられた非売品でした。
マクラメベルトが今年っぽい! 今欲しいですね。

写真ではお伝えしきれないジュエリーたちの
圧倒的で他にはない存在感が、
自分らしく、美しく大胆に生きるべき! と
語りかけてくるようです。
c0249163_1194166.jpg

c0249163_1174137.jpg

11月29日までなので、
ぜひ足を運んで体感してみてくださいね。

ではまた!
by koizumi_hiroko | 2015-09-09 01:24 | 仕事 | Comments(0)
<< イタリアン・ナイト 松本隆の世界にどっぷり >>