ブログトップ

★ ファッションエディター 古泉洋子の「本能のグルメ」★

koizumihiroko.exblog.jp

それぞれに

私にとっては、
毎年切羽詰まった日程で、
年に一度の確定申告の作業をするとき、
2年前のこの日のことを思い出します。

決して忘れているわけではないけれど、
いまは何もできない、
何をしていいかもわからない自分に、
一抹の後ろめたさを感じながらも、
勝手に荷を降ろし、
進まない震災復興のニュースを
少し遠巻きに聞いている自分がいます。
もしかすると、私のような人も
多いのかもしれません。
c0249163_1927913.jpg

たくさんの犠牲と引き換えに、
教わったことを、毎年この日が来るたびに、
もう一度かみしめたいと思います。
そして、伝えることを仕事としているのだから、
それがほんのささやかな提案だとしても、
誰かに届き、誰かの力になることを願いながら。
by koizumi_hiroko | 2013-03-11 19:33 | 日々のつれづれ | Comments(0)
<< 未知の鍋 その1 それでも食べてしまう! >>